月別アーカイブ: 11月 2008

ジョーカーゲーム

柳広司著「ジョーカーゲーム」
「死ぬな」「殺すな」「とらわれるな」
あらすじ:
結城中佐の発案で陸軍内に設立されたスパイ養成学校“D機関”。「スパイとは“見えない存在”であること」「殺人及び自死は最悪の選択肢」。これが、結城が訓練生に叩き込んだ戒律だった。軍隊組織の信条を真っ向から否定する“D機関”の存在は、当然、猛反発を招いた。だが、頭脳明晰、実行力でも群を抜く「魔王」―結城中佐は、魔術師の如き手さばきで諜報戦の成果を挙げ、陸軍内の敵をも出し抜いてゆく。東京、横浜、上海、ロンドンで繰り広げられる最高にスタイリッシュなスパイ・ミステリー。
いやぁ~
ほんとにカッコいい。
装丁にひかれて、手にしたのですが、主人公(?)の結城中佐がカッコいいことこの上なし。
背も高く、整った顔立ちと表現されているので、男前と推測。
D機関の生徒たちも活躍していますが、すべて結城中佐の掌の上というカリスマ的悪魔的なところがステキです。「拷問にあっても、痛いだけで死にはしない」とか。無茶言ってますけどね。
必要以上に感情移入したりしないので、とてもライトに読み切れた。
ほんとはちょろっとだけ読むつもりだったのに、思わず一気読み。これも約2時間ほど。
「スタイリッシュ」という説明はぴったりです。
映画化とかアニメ化とかしてほしい!!アニメはアリだと思う。
 
 

女子は一日にしてならず

星野伸一著「女子は一日にしてならず」を読みました。
表紙のイラストが、ビヨンセのモノマネをしているナオミにソックリ・・・(w
軽い気持で手にして、読んでみると、止まらなくなってしまい、2時間ほどで一気に読み上げました。
あらすじ:OL奈美江は我が道を行く、強面のポッチャリさん。三十路を目前に、“太っているのは美しい”を標榜する会へ入会し、人生は急展開。本気の恋に悩み、さらには事件に巻き込まれ、最高体重を更新中。彼女の明日はどっちだ!?反感、嫌悪、のち共感。思わず応援したくなるダイエット・エンタテインメント。
ぽっちゃり??5Lが・・・?7Lが・・・?
文章表現がいちいち面白く大げさで、ページをめくるごとにツッコミをいれてしまった。
ストーリーはありがちというか、スリムな男前にダマされ、貢がされ、詐欺に遭い、自分を見つめなおしていく~てな感じ。
最初は「ファットイズビューティフォー」に同感しつつ、途中で吐き気を催し(主人公食べ過ぎ・・・)、最後は私も痩せようと、ダイエットを決意させられました。
肉体的に痩せてる太ってるというより、心に脂肪をつけちゃいけないよね。って話。
太ってるから~みたいな言い訳をしていちゃいけないのです。
ダイエットとは、心が健康になることなのだ。
と言いつつメルティキスをパクパク食べてる自分がだめです。