月別アーカイブ: 11月 2011

imac退院。

購入当初より、まともに起動した事のなかったimacくん。
最近はますます症状がひどくなり、毎朝何十回も強制終了・再起動の繰り返し。
ようやく起動したと思っても、フリーズ状態で結局強制終了、、、
ついに入院させる事になりました。
アップルに電話すると、1年保証内で修理してくれるとのこと。
修理代が高いと聞いていたので、びくびくしてましたが、助かった!!
アップルケアピックアップ&デリバリー修理サービスです。
症状を訴えると、「・・・今まで聞いた事ないですね、、、」と言われる始末。システム系に異常があるのかもとのこと。
うちのimacくんはどんな病気なのよ!!
主な症状:
①電源を入れても、オーロラ画面もしくはブルー画面のみで、Finder、Docksが表示されない。Finderは表示されるが、Docksは表示されない
もちろん、表示されていても反応しない
②電源を入れて、ジャーンという起動音が鳴っても、真っ暗な画面のまま
③Finder・Docksが表示されてもフリーズしているので反応しない
④反応するようになっても、何かアプリケーションを起動するとすぐフリーズする
さて、15日に電話して、19日に引き取り。
クロネコさんが、ものすごい装備のボックスを準備。ボックスにimacを入れた後、蓋をして空気を抜いてる感じでした。
そして翌日にアップルに到着。その後2日ほど、「必要な部品を取り寄せ中のため保留」となり、このままではいつ修理が終わるかわからんなーと思ってたら、
火曜日に修理開始→夕方には発送され、今日届きました!!
修理早い!!!
修理内容を見ると、
グラフィック関連の不具合だそう。
つまり、何も表示されなかったのは、システムうんぬんよりも、ビデオカードの問題だったって事なのね。
でもフリーズするのも、そのせいだったのでしょうか????
ビデオカードと液晶ケーブル(液晶にちらつきがあるからと換えてくれた)の交換だけだったので、データやアプリケーションは残っており、そのまま作業できそう。HDD交換とか長期入院を覚悟してたので、ラッキーでした。
おかげさまでとりあえず問題なく動作してるみたい。このまま明日も明後日も、順調に動いてくれるといいですが、、、。
調子悪いと思いつつ、頼りにしていたマシンなので、無事退院・我が家に帰還できてよかったよ。
そして、思ったよりも、アップルのサポートがいいので、うれしい誤算なのでした。

[problem]PHP has encountered an Access Violation at 7C810A5B

サイトを開こうとすると、
PHP has encountered an Access Violation at 7C810A5B
と表示され、コンテンツが閲覧できなくなりました。
htmlのページは見れているので、PHPの問題だと思われます。
サーバ会社に問い合わせてみると、「現在は問題なく閲覧できる」といわれました。
確かに問い合わせた後に確認すると見れる、、、
考えられる原因といたしましては、お客さまが開発されたPHPの
プログラム内にバグなどがあり、メモリ上限に到達した可能性がございます。
アプリケーションプールのリサイクルにより、復旧したものと思われます。
恐れ入りますが、お客さまのウェブサイト上で運用されている
プログラムに問題が無いか確認をお願いします。
突然プログラムエラーなんて事が起きるんでしょうか;;
上記エラーでぐぐってみても、解決策は出てきませんでした。
とりあえず、閲覧できるようになったからいいとしよう。。